引越し 難民問題

引越し難民問題

引越し難民

 

引越ししようと思っても出来ない人を引越し難民と呼びますが、近年では繁忙期の3月〜4月に引越しが出来ない人、つまり引越し難民が多数出るようになりました。
2018年頃から徐々に増え始め、社会問題になっています。

 

しかし今までも繁忙期というのはありましたし、引越し業者もそれを理解して対応してきました。
なぜ今ごろになって繁忙期に引越しができない人が増えているのでしょうか?

 

それは引越し業界全体が慢性的な人手不足に陥っており、さらにトラック運転手が不足しているからです。
昨今の物流の大きな変化で、トラック運転手の需要が増えて取り合い状態です。
繁忙期ではそれらの人手不足問題が、企業の努力だけではどうにもならなくなっています。

 

ですからもし引越し難民になってしまったら、時期をずらして引越しできないか検討してみてください。
下手をしたら引越しに何十万円もかかってしまいます。

 

実家から一人暮らしをするために引越しするのであれば、まずは必要最低限のものだけを持って引越しし、繁忙期を超えてから家財を運ぶとか、引越し先で家財一式を買い揃えるという方法もあります。

 

とにかく繁忙期に引っ越し業者が見つからないということも想定しておきましょう。

トップページ > 洗濯機を運搬する業者の探し方と選び方